秋の香り

1年でいちばんお散歩が楽しい時期

ふわーっと風にのって流れてきた甘い香り

金木犀の花が咲く季節になりました

花の香りで季節を感じられることは贅沢ですよね



ほんのちっちゃなことで幸せを感じることができる自分でいたいと思います

身の丈にあったささやかな生活を大切にしていかなくちゃね




金木犀を部屋中に飾ると穏やかな気持ちになります
DSC02796.jpg


紫式部もすっかり秋色
DSC02795.jpg

母のハリーもこちらに引越してきたので仲良く並んでにっこにこ
DSC02794.jpg



今日も佳き日になりますように・・・・

スポンサーサイト
Category: お犬の生活

つまみ細工の髪飾り

お孫ちゃん1号が7歳になりました



七五三のお参りは11月ですが 何でも早目が好きなさくら

お家で写真だけでも撮りましょうとお嫁ちゃんにカメラを持ってきてもらいました

(お嫁ちゃんは大学でカメラ部だったので腕は保証付き)



※ こちらの写真はさくらが撮ったので残念な写りですが・・・
DSC02764.jpg

お孫ちゃん2号の坊は 「あね かわいい!!」を連発していました

因みに坊はお姉ちゃんの事を「あね」 両親を「はは  ・ ちち」と呼びます



つまみ細工で髪を飾りたくて 頑張って作ってみました

赤いチンコロもこの年頃の女の子にしか似合わないので是非つけたかったの

IMG_20160924_145928.jpg
あとは 家にあった飾りをてんこ盛りして完成!!

いつもショートカットのお孫ちゃん

1年かけて肩まで伸ばしました

肩までしか伸びなくて
自毛だけではアップにするのは難しかったのでつけ毛で誤魔化しました



男の子のように元気いっぱいの女の子ちゃんでしたが 

つるつるのお肌は 化粧のりもバッチリ

紅をさす時の誇らしげなお顔ったら

キャー 可愛い!!と孫バカを発揮したさくらでした


せっかくだから こちらのお着物も着せちゃったよ
袴よりもこちらの方が似合っているかな
DSC02775.jpg

着付けを母にちゃんと習っておけば良かったと 後悔したわ




Category: 七五三

長野・・・海野宿

こちらも 過去のお出かけです

暑い暑い日だったよね


江戸と明治の建物が調和し、生活感が残る海野宿

DSC02607.jpg


海野宿は寛永二年(1625年)に北国街道の宿駅として開設されたそうです

江戸時代の旅籠屋作りや茅葺き屋根の建物

明治以降の堅牢な蚕造りの建物が調和して風情がありました

中山道と北陸道を結ぶ重要な街道として佐渡で採れた金の輸送や

北陸諸大名の参勤交代、善光寺参拝など様々な目的で賑わっていたそう

DSC02610.jpg


生活感が色濃く残る静かな宿場町でした

DSC02606.jpg


入り口にある
白鳥神社は日本武尊の伝説を縁起とする歴史のある神社

DSC02604.jpg



写真がないのですが
境内には樹齢700年を越えるといわれるケヤキの大木があり歴史の古さが分かります




でも やっぱり暑いよね~ 
DSC02611.jpg

写真を見ながら ただただ暑かったことしか思い出せないさくらって 


Category: 海野宿

明治の森・黒磯

過去の旅行写真が整理できないまま放置だったので

いまごろになってアップします





いつごろなのか定かではありませんが たぶん7月初旬の旅行だと・・・

うーん 適当だよね




那須の黒磯・・・ここには来るたびに雨なのよね

DSC02649.jpg


入口は芝生の広場と青木邸に分かれています

DSC02651.jpg


左に見えるのが青木邸


DSC02654.jpg



広いお庭でのびのび遊べるので 黒磯はだいすきな場所なのですが

いつも 雨だもんね

DSC02653.jpg


雨が降ってきたので 抱っこして退散するところです

写真を見ながら この時の思い出がよみがえってきたさくらです(笑
DSC02657.jpg


Category: 那須

嬉しいことがありました♪

今日はとってもとっても嬉しいことがありました



ソラままさんから ↓ こーんな物を頂きました (わーい

DSC02743.jpg


もなか皮の表面が砂糖の衣に包まれ 中は薄緑の餡

シャリシャリした砂糖の皮と柚子の香りがさわやか

柚子の皮のプチプチ感も今までにない食感でした

こんな美味しいもなかは初めて食べたわ



もちろん さくらが頂く前に 母にお供えさせていただきました

DSC02744.jpg

あんこが大好きで亡くなる前にもおはぎだけはちょこっと食べて

「美味しいね」って言っていたね

たぶん 最後になった食べ物



こんなにたくさん頂いたからお腹一杯食べてね

幸せいっぱいになった本日でした



Category: 母のこと

羽生PA

過去のお出かけ記録になりますが


東北自動車道の上り線、羽生パーキングエリア
もう皆さんは行きましたか?


池波正太郎さんの代表的な時代小説

「鬼平犯科帳」とコラボした施設『鬼平江戸処』がオープンしたと

聞きつけたハリー家に行ってきました



DSC02702.jpg

DSC02701.jpg

DSC02700.jpg


ハリー いい子だからチッコなんてしないよ
DSC02703.jpg


人情味あふれる古き良き日本の豊かさを夢見ることができた一瞬でした


DSC02704.jpg

雨一家のハリー家  もちろん大雨だったよ


Category: お出かけ

母のお位牌が出来上がりました

とってもとっても素敵な戒名



  恵光院   清誉   美優大姉
  えこういん せいよ  みゆうたいし

 DSC02741.jpg

可愛くて 綺麗なものが大好きだった母にぴったりの戒名で 母も喜んでくれているはず




浄土宗のお坊様と母の生前の話をじっくりと聞いて下さって つけて下さいました

まだ魂入れは終わっていないお位牌ですが

にっこりの母の顔を見ると こころが落ち着きます




亡くなってからのお葬式や 戒名など必要ないと思っていたさくらでしたが

残った家族のために 心の整理をするために必要な手続きだったのだと思います




昨日は大好きなソラままさんからのお電話で また一歩先に進んだ気がします

母の話をするのが辛くて 避けていたのですが そうじゃなくて たくさん話して

忘れないことが大事なのだと気づきました


ソラままさん 
 さくらは元気ですよ!!! 秋になったら一緒に遊んで下さいね



Category: 母のこと

お久しぶりのハリーです

強い日差しの中に晩夏のかげを感じる今日この頃

お久しぶりでーす(^-^)/


しり切れトンボのままのブログも途中のままですが とりあえず

ハリーは元気ですとお伝えしたくて・・・・♪(o・ω・)ノ))


DSC02613.jpg


DSC02615.jpg





わたくしごとで申し訳ないのですが

今年の夏は人生で一番 もうこれ以上の悲しいことは起きないだろうと思えるような

つらい夏でした

母親というよりも 友達のような 自分の一部のようだった母が亡くなってしまいました




母がこの世の中からいなくなってしまう

ことがどうしても受け入れられず

弱っていく母に「お母さんがいなくなったら どうしたらいいの」と

我儘をいって困らせていたさくらでした





毎日 母の遺影に向かって朝晩の挨拶をし にこにこ顔の母に

「あー もうお母さんはいないんだね」とつぶやいてしまいます



亡くなる前に 「幸せな人生だったから いなくなっても悲しまないでね」と

言っていた母

私の悲しむ姿をみて逆に励ましてくれていました


時間がたっても 母の事で悲しまない日はくることはないと思いますが

「母に心配かけないように 恥じないように」

過ごしていきます



なんだか 訳の分からない文章で恥ずかしいのですが 

少しずつ いつもの自分の生活に戻るためにブログを開始してみました

今年の夏はことのほか厳しい暑さでしたが みなさまも体調を崩されませんように

どうぞお身体大切になさってくださいね

ではでは またお会いしましょう・・・・・♪(/・ω・)/ ♪





つたない文章で読みにくかったことと思いますが
最後まで読んでくださって有難うございました

書きたいことがたくさんあるのですが キーボードを打ちながら

やっぱり泣けてきてしまいます

駄目ですね―









Category: 未分類