マイボーム腺腫が完治しました♪

過去の記事←あれから14日経ちました。



ご心配かけましたが、憎きマイボーム腺腫が消滅しました。
すっかり完治で跡形もありません。はい

毎日、毎日飽きもせずに朝昼晩三回、温パックして軟膏を付けました。

どうか治りますようにとお祈りしながら・・・

2012-07-22 08.15.42


大人しくしてくれたので(気持ちよかったらしいの)助かりました。

2012-07-22 08.15.22


「眼頭をマッサージするのも効果あり」とネットで見たので追加

2012-07-22 08.15.53







ほらほら、完全に無くなったでしょ。

2012-07-22 09.07.02



今回は自分で自分を褒めてあげたい有森の気分です。 (すごく古くて分からないかしら・・)



もしも、治らなかったら、手術しなくてはいけなくなったらどうしよう・・



取りあえず眼の専門医を探して診てもらおうと病院を調べて

トライアングル眼科が名医らしいので、2週間で治らなかったら受診しよう。

方向音痴なのに、東京まで行きつくかしら、先生が意地悪だったらどうしよう・・等など

ナガティブ根性丸出しのさくらでした。 (実はスゴーク悪い方に考えてしまう困ったタイプなのです。





ハリ―ちゃん

治ってくれてありがとう。

2012-07-22 11.37.18


コメントを下さって励ましてくれた皆さん

せつママさん、soraマミーさん、Bear&Teddyママさん、
くうままさん 、いいこさん、イヴままさん、Fueままさん、
ゆんさん、ひなさん、店長ママさん 、のこさん

ほんとに、ほんとに有難うございました。



やさしい皆さんが100歳まで長生き出来ますようにと、念力を送りますので受け取ってね。うふふふ






スポンサーサイト

マイボーム腺腫になっちゃいました。

旅行から帰って早々 (7月9日)

ハリ―の左眼にプチっとした丸い塊を発見


もしかしたら”マイボーム腺腫”かな???!!!!

毎日、しっかりと全身チェツクしていたのにショック、ショック

2012-07-10 09.03.11

ぷっくり赤くなっているのを見過ごしていました。さくらの
たぶん老眼をかけずにブラッシングしていたから気づかかなかったんだと思う。



裸眼で鏡を見ると自分のしわもシミも見えないのよね。(自慢か)



そんなことより病院に行かなくちゃ。

2012-07-10 09.03.31


2012-07-10 09.03.35

アタフタ、バタバタする様子で殺気を感じているハリ―

最近はおバカでなお気楽犬を卒業してしまったのでメンドクサイ





日中の温度がぐんぐん上がっているので歩きは無理

でも車で行っても今の時間は駐車場は開いていないはず


なので

自転車に乗せちゃいましょっと

2012-07-10 09.08.53


2012-07-10 09.08.56 
 だまテンしました。






病院に着くと「帰ります」とドアの前で頑固に動かない

2012-07-10 09.27.47
思い詰めています。



そこに救世主

お友達が来たので、やっと機嫌が直りました。

2012-07-10 09.57.55

やっぱりお気楽犬かも・・・




診断はやはり”マイボーム腺種”でした。


ここでウンチク

マイボーム線種とは

 まつげの根元に油脂を分泌する腺をマイボーム腺と言います。マイボーム腺から分泌される油脂は、瞼の開閉をスムーズにする潤滑油のような働きをしています。 ここに炎症を起こして、イボのようになるのがマイボーム線腫です。

命の危険があるというわけではありませんが、ほっておくとどんどん大きくなって瞼の開閉が思うように出来なくなりなったり、犬が自分で目をこすったりすると眼に傷が付いてしまいます。
ちなみにマイボーム線腫の治療は、切除して縫合するそうです。




ハリ―の場合は小さかったので

患部を温めて薬を付けて下さい。
との事

CIMG4165.jpg

2週間くらいで小さくなるようなら大丈夫ですと言われました。ほっ




よし、頑張って小さくしようじゃないか




温パック中

2012-07-11 15.52.21 

タオルをチンしてビニールに入れて温パックしています。

気持ちいいらしく大人しくしていると思ったら寝てしまいました。お気楽犬で良かった。

2012-07-11 15.52.31

温パック&眼のマッサージをすると涙やけ予防にも良いらしいですよ。




3日経った今日の状態

小さくなってきているのが分かりますか?

CIMG4164.jpg

毎日3回温パックをしたら、みるみるうちに改善してきました。

これで完治しても、油断しないようにハリ―のチェツクを心に誓うさくらでした。

もっと頑張れ自分