武蔵御岳神社へ

寒ーい土曜日に御岳山に行ってきました

まさか雪がこんなに残ってるなんて思いもよらなかったハリー家((((;´・ω・`)))

ハリーに雪用の靴を持ってこなかったし(ノ_<)

DSC01574.jpg




参道は除雪していたけど↓ こんなんですよ

DSC01585.jpg

こんなんもあったし(泣
DSC01577.jpg



ケーブルが3月末までメンテナンスで使えないので混雑を避けたかったけど

この雪ならだれも来ないよねDSC01598.jpg




お稲荷さんにたくさんのお供え物が「日本っていいなー」だよね
DSC01593.jpg




ふもとから1時間30分で御岳神社に到着

狭い参道に工事車がひっきりなしに通るのでかなり時間がかかってしまいました。
普通ならもっと早く着くと思いますよ



ワンコ用の水場もありました!

狼が御岳大神の使いとなり、厄除・病気平癒の守り神である「大口真神」として
多くの人の崇敬を集めている「武蔵御岳神社」なので


狼=お犬様・・・ということでお犬に優しいのね

DSC01586.jpg




参道には約800本の大スギが植えられていたのですが、こちらが1本目

昔はここまで来るだけでも難儀だったのでしょうね

DSC01600.jpg



雪解け剤の「塩化カルシュウム」が撒かれていたので

駐車場の水道でハリー坊のアンヨを綺麗に洗い流しました。

塩化カルシュウムは肉球に付くととっても痛いらしいので注意してね

おうちに帰って念入りに肉球クリームをつけたさくらでした


大口真神は、通称「おいぬさま」と呼ばれますが、犬ではなく、狼の姿をした神様です。盗難除けをはじめ、あらゆる災厄、火難、病気などを防ぎ、ご加護をくださるとされ、広く信仰を集めています。




なぜ御嶽山には、「おいぬさま」が祀られているのか

その昔、ヤマトタケルノミコトが東征に出かけ、御嶽山で邪神に惑わされて道に迷った際に、狼が忽然と現れて道案内をしました。

それによってヤマトタケルは邪神の難を逃れたため、狼は、ヤマトタケルのお使いとして祀られるようになったということです。
フムフムそうなんだ―



お札も
こんなに素敵なお犬様なのよ↓

なんか きゃわいいでしょ

玄関に入る時に見える場所に貼ると厄除できるそうなので

ぺったんこしなくちゃ
DSC01606.jpg



心惹かれるお守りも見つけました

DSC01607.jpg

もちろん母に身につけてもらうつもりです


同じお守りを伊勢神宮で頂いたことがありますが赤い袋はなかったので

ご利益がありそう







スポンサーサイト
Category: 御岳山